「マダムプッチ|MADAME PUCCI」発表会開催 
2016年01月29日
2016年2月12日(金)株式会社トーヨーキッチンスタイル(代表取締役社長 渡辺孝雄)は、イタリアのインテリアブランドKartell(カルテル)(※1)より「マダムプッチ|MADAME PUCCI」を発表します。

  madame_news1
(Design by Philippe Starck&Emilio Pucci)
 
《発表会概要》

【東京】
日時:2/13(土)〜21(日)  11:00〜19:00 (レセプション 2/12(金) 18時〜)
場所:LUCE TOYO KITCHEN STYLE 東京都港区南青山5-5-20
13日〜の一般公開はどなたでもご覧頂けます。(入場料無料)

・カルテル×エミリオ・プッチ

昨年4月ミラノサローネを舞台に立ち上げられたコラボプロジェクト「MADAME – WORLD OF EMILIO PUCCI EDITION」にて、今までにないものを目指し手を組んだ。
フィリップ・スタルクによる「マダムチェア」と、世界の都市を描いたエミリオ・プッチ(※2)のスカーフコレクション「Cities of the world」が見事なコラボレーションを果たしている。

 ・世界の都市を旅するアートワーク

エミリオ・プッチのスカーフコレクション「Cities of the world」は、世界の都市をキャッチーなマルチカラーで表現し、抽象的でありながらも忠実なアートワークにより私たちを仮想の旅へ連れて行ってくれる。
今回「マダムチェア」の舞台となる世界の都市はパリのモンテーニュ通り、ローマのスペイン広場、ニューヨークの象徴的な高層ビル、上海の独特な地区の4都市である。

 ・デザインとファッションを結びつける

フィリップ・スタルクがカルテルのためにデザインした布張りのアームチェア「マダム」は、削ぎ落とされ洗練された直線の中のアームの曲線がモダンで美しいフォルムを実現している。
さらに、そこにエミリオ・プッチの代名詞ともいえる大胆なプリントが加わることでアート作品のように見る者を楽しませてくれる。
ブラックの脚はアートワークを強調し引き締まった印象、クリアの脚は宙に浮くような軽やかな印象を感じさせる。

  madame_news2

MADAME PUCCI (マダム・プッチ)

SHANGHAI、ROME、PARIS、NEW YORK
価 格:各101,100円(税抜)< br /> サイズ:W55 x D52,5 x H74cm-SH46cm

・Philippe Stark (フィリップ・スタルク)

madame_news3
スタルクはパリのカモンド美術学校卒業後、ピエールカルダンのアートディレクターを務め、インテリアと家具のデザインを担当。
独立後多くのインテリアデザインを手がけ、その活躍ぶりが当時のフランスの大統領、ミッテラン氏の目に留まり、1982年エリゼ宮殿のスイートルームのデコレーションを任されます。
これを機にスタルクは世界中から脚光を浴びます。
出世作でもあるパリの「カフェ・コスト」をはじめ、ニューヨークの「ロイヤルトンホテル」、香港の「ペニンシュラホテル」、オランダの「グローニンゲン美術館」など数々のインテリアデザインを行ないました。
同時にフランスをはじめ、スイス、イタリア、スペイン、日本など、世界中で家具などの、プロダクトデザインも行うと同時に、工業デザインもてがけます。

(※1)Kartell(カルテル)

Kartell(カルテル)は、1949年イタリアのロンバルディア州で創立。プラスチックの加工技術をいかし、革新的な家具の製造を開始します。
デザイン性の高さ、独創的かつ革新的な製品は、数多くの賞の獲得や、美術館のパーマネントコレクションなど常に高い評価を受けています。


 
(※2)エミリオ・プッチ|Emilio Pucci(1914年-1992年)
フィレンツェ出身の男性ファッションデザイナーであり、彼が立ち上げたファッションブランド。
大胆な柄でファッション業界に革命を与えた彼は、世界中のファッション関係者に「プリントの王子」と呼ばれるまでになる。